猿まわしになったきっかけ いちご大福です!

今回は私が猿まわしになった切っ掛けをお話しします!

わたしは東京コミュニケーションアート専門学校に入るまで牧場で働きたいと思っていました!

しかし、専門学校に入学してコモンリスザルというお猿さんと出会いその子のトレーナーとして、毎日関わっていくにつれて、お猿さんが大好きになっていきました!
その子と何回もアニマルショーに出た時、見てくれるお客さんが笑顔になっていることに幸せを感じました!

そして専門学校に猿まわしさんが来て初めて猿回しを見ました!
その時、すごく面白くて楽しい気分になり、ほかのお客さんもみんな笑顔になっているのを見た瞬間、自分がお猿さんが好きで、見てくれる人を笑顔にしたい……これだ!と思い、猿まわしという夢を持ちました!

学校の求人で猿まわしの企業を探し、いくつかの企業に研修に行きました。そこで、企業によって感動を届ける芸風や笑いを届ける芸風など、やり方が違うということを知りました。

研修先の1つだった『戦豆の猿まわし』では、見てくれる人を笑わせることを目的としていました。私はお客さんに笑いを届けたい!という夢があったので、ピッタリだと思いました。そして、会社の雰囲気がとても居心地が良かったので、戦豆の猿まわしさんに入社させて頂きました!

まだ入社して間もないですが、少しでも早く見に来てくれたお客さんを笑顔に出来る猿まわしになりたいので一生懸命頑張ります!
応援よろしくお願いします!

Twitterでフォローしよう

pickup記事
おすすめの記事