昨日のつづきです。

今の大豆ちゃんと同じくらいの生後6ヶ月の赤ちゃん猿がいました。

食事はまだ野菜や果物ではなくミルクを飲んでいました。

人間と同じように哺乳瓶で上手に飲んでいました。

 

ある日、いつものようにミルクをあげていると

突然、ミルクを飲むのを止めて

ゆっくりと横になったんです。

違和感の無いスローな動きだったのですぐにはわからなかったのですが、

異変に気付き抱き上げたときには

呼吸が止まっていました [E:wobbly][E:sweat01]

 

その瞬間は、頭が真っ白です [E:bearing]

何をすればいいのか、

どうして呼吸をしないのか?

このまま死んでしまうのか?

など、パニックを起こしてしまいそうでした。

 

 

しかし、以外に冷静でいられた自分がそこにはいました。

すぐに、胸に[E:paper]を当て心音を聞いて、まだ生きていることを

確認しました [E:coldsweats01]

 

 

まだ、こんな事態が人間の応急処置なら

うろ覚えでもやれるかもしれないけど、

猿で赤ん坊なんてどうしていいかなんてことは、

もちろんわかりませんでした [E:coldsweats02]

 

 

しかし、あきらめるわけにもいかず

出来ることをするしかないと思い

あらゆることをやりました。

 

 

背中をたたき [E:paper]

顔をたたき [E:paper]

口の中に指を突っ込み、

とやってみましたが

呼吸はしてくれません。

 

 

そこで、最終手段です。

やりました、人工呼吸 [E:kissmark] 

正しいやり方なんて、

その時はまったく考えず

ただ見よう見まねの状態でした。

鼻を押さえ、

猿の口に思いっきり

息を吹き込みました。

何回も、何回も、

ただひたすらやりました。

 

そして、ついに

赤んぼう猿は、息を吹き返してくれました (v^ー゜)ヤッタネ!!

 

 

その後についてはまた明日でござる。

Twitterでフォローしよう

pickup記事
おすすめの記事