渚みなとです
今回のお題は「猿まわしになったきっかけ」ですね
きっかけはズバリ、ハローワークで探して近所だったからです\(^o^)/
・・・まあそれだけだとつまらないので、前職の話を少し
戦豆に入社する前、僕は売れない役者をやっておりました
出演作は、身内でやる舞台、自分でもどこにいるかわからないCM、誰が見てるのかわからないマイナーな局のドキュメンタリー映画等々・・・鳴かず飛ばずの日々でした
当然食べられないので、それらの仕事の傍ら、展示会、電気屋、ショッピングモールなどで行われるイベントのMCをし、更にコンビニやインターネットカフェなどで普通にアルバイトをして生活してました
役者の学校を3年と事務所に所属して6年弱、そんな暮らしをしてました
若いうちはその生活が楽しくも思え、どこかで「どうにかなるさ」と甘い考えを持ち過ごしておりましたが、年齢を重ねていくうちに「あれ?このままでは駄目なのでは?役者だけで食べていけないのでは?」と思うように
一度そう思い始めるともう役者を続けていられませんでした
所属事務所を辞め、MCとアルバイトをしながら仕事を探す日々
売れないとはいえせっかく約十年役者を続けたわけですから、その経験を活かせる仕事を探しました
ハローワークで色々な検索条件を付け、唯一引っかかったのが
「戦豆の猿まわし」
おいおい猿なんて全然わからないよ、本当に大丈夫かよ、と不安だらけでしたが落ちたら落ちたで他を探そうと割り切り、面接を受けました
・・・そして現在に至るわけです
入社して間も無くみなと君とコンビを組ませてもらい、再び人前に立つ喜びを味わわせてもらいました
思えば本当に運が良かったなあと感じます
みなと君の力が大半を占めているのはわかっておりますが、役者時代に出来なかった「自分の芸だけで食べる」という事が出来て本当に幸せです
でも今はまだ「みなと君」は面白いねって言われる程度の芸人じゃないかと思います
早いうちに「渚みなと」は面白いねと言われるよう頑張っていきたいですね
これからもよろしく頼むよ、みなと君!!!

Image

Twitterでフォローしよう

pickup記事
おすすめの記事